結婚はどうする?

手続き・届出・もらえるお金

婚姻届を提出する

婚姻届を提出する

Step1 婚姻届を入手する

婚姻届は役所に用紙を取りに行くほか、雑誌等の付録についていたり、インターネットでダウンロードして自宅で印刷をするなどの方法で手に入れられます。証人への依頼や提出に必要な書類もあるので1か月前くらいには動き出しましょう。

婚姻届はどんなのにする?
A

役所の戸籍課などに婚姻届を取りに行く。

B

雑誌の付録やインターネットのサービスを利用して入手する。

  • ▶ インターネットからダウンロードする際はA3サイズで印刷すること。A3サイズが印刷できない場合はコンビニエンスストアの印刷サービスやA4で印刷した用紙をA3サイズに拡大コピーすればOK。
  • ▶ 感熱紙等で時間が経つと消えてしまう印刷はNG。
  • ▶ 役所によっては役所で配っている用紙しか受付けてもらえない場合もあるので事前に確認を。

Step2 婚姻届を出す場所を決める

婚姻届は日本国内のどこの役所に出してもOK。
出す場所によって必要な書類が異なるので婚姻届を出す場所を決めて準備しましょう。

Step3 夫婦の新しい本籍地を決める

婚姻届を提出するとは、ふたりの新しい戸籍ができるということ。
本籍地は居住地でなくてもOK。婚姻届に新しい戸籍の場所を記入する箇所があるのでどこにするのかあらかじめ決めておきましょう。

  • ▶ 今の本籍地がわからないときは住民票で確認!
  • ▶ 地番などの表記に不備があると婚姻届を受理してもらえないこともあるので、新本籍地の市町村に確認をしておくと安心。
  • ▶ 居住地から遠いと戸籍謄本の取り寄せが面倒などデメリットもある。

Step4 必要な書類を準備する
〜戸籍謄本を入手する〜

(結婚前の)本籍地以外の役所に婚姻届を出す場合は戸籍謄本が必要です。
ふたりとも本籍地以外なら二人それぞれの戸籍謄本が、どちらか一方が本籍地以外ならその人の分のみ戸籍謄本が必要です。

戸籍謄本はどうやって入手する?
A

結婚前の本籍地の役所に取りに行く

[必要なもの]
  • □ 本人確認書類
  • □ 印鑑
B

郵送で取り寄せる

[必要なもの]
  • □ 申請用紙(役所のHPからダウンロード)
  • □ 定額小為替
  • □ 返信用封筒
  • □ 本人確認書類コピー
C

代理人に頼む

[必要なもの]
  • □ 委任状
  • □ 代理人の身分証明書

Step5 必要な書類を準備する
〜婚姻届を記入する〜

婚姻届に必要事項を記入しましょう。本人たちが記入する箇所以外に証人2名の本籍地の記入と押印が必須なので時間に余裕をもち依頼しましょう。

  • ■ 必要事項を記入する
  • ■ 証人2名の本籍地の記入と署名と押印をする

    • ▶ 結納や婚約食事会の際に両家の親に記入してもらう人も多い
    • ▶ 郵送でやりとりするときなど時間がかかるので時間に余裕を持って依頼を。
間違えがちなポイントは

▶ 旧字体など漢字は正しく戸籍謄本通りの表記で記入
▶ 本籍欄には建物名や部屋番号の記載は不要

記入を間違えてしまったときは?

書き損じた文字の上に二本横線を引き、その上から押印する。欄外に書き直す。
ただし、欄外に訂正印欄がある場合はそこに届出人欄と同じ印鑑で二人分の押印を。

Step6 役所に婚姻届を提出する

必要な書類を持って、婚姻届の記入ができたら役所に出しに行きましょう。自治体HPはコチラから

提出の方法は?いつ出す?
A

平日の昼間(役所が開いているとき)に役所の窓口に提出する

  • ▶ 書き損じがないか確認の後、受理してもらえる。訂正印を持っていくと安心。
B

夜間や休日などの役所の専用窓口

  • ▶ 受理されるのは窓口が開いてからだが、提出日が受理日となる。
C

代理人に頼む

  • ▶ 代理人の身分証明書も忘れずに持参しよう
D

郵送

  • ▶ 直接持参ならどの役所でも受付けてくれるけど、郵送の場合は必ず本籍地か住所地に提出すること。
[必要なもの]
  • □ 婚姻届
  • □ 本人確認書類(免許証・パスポート等)
  • □ 戸籍謄本
  • □ 旧姓の印鑑

Step7 もらえるお金をチェックする

結婚すると住民票のある自治体や勤務先から「結婚祝い金」などの名目でお祝いをもらえることもあるのでチェックしましょう。

A

働いていない場合

B

働いている場合

自治体のHPはこちらから検索→