結婚はどうする?

手続き・届出・もらえるお金

妊娠・出産の手続きをする

妊娠・出産の手続きをする

Step1 妊娠届出書を提出し、母子手帳等を受け取る

病院受診後、住所地を管轄する役所や保健所で妊娠届出書に記入して提出します。妊婦健診など様々な行政サービスをうけるために必要な手続きなので、必ず行いましょう。
※妊娠届出書の入手方法等は自治体によって異なるので自治体HPなどをチェック!

  • ■ 妊娠届出書を記入する

    出産予定日等の記入が必要なので、病院でつげられてから申請しよう

  • ■ 妊娠届を提出し、母子手帳や受診票などを受け取る

[必要なもの]
  • □ 妊娠届出書
  • □ マイナンバーカードまたは通知カード
  • □ 本人確認書類

Step2 妊娠・出産でもらえるお金を確認する

妊娠・出産は、治療が必要なトラブルを除いて、基本的には健康保険の対象外です。負担を軽減するために自治体から助成があるので確認しましょう。
働いている場合、育児休業中の助成金や職場からもお祝い金が出ることもあります。

  • ■ 妊婦検診費の助成

    ▶ 基本的に14回の補助があり、市区町村によって金額が異なります。
    不足分については自己負担となります。

  • ■ 高額医療費

    妊娠・出産の思わぬトラブルで保険がきく治療をした場合、自己負担分が1ヵ月あたり一定限度額を超えた場合、超えた分のお金が戻ります。
    所得の制限等があるので自身の健康保険を確認しましょう。

  • ■ 出産育児一時金

    ▶ 出産において健康保険から支払われます。基本的に42万円もらえます。
    病院に直接支払われたり、病院に自身で支払った後に支払われる方法もあります。

  • ■ 育児休業給付金

    育児休業前の2年の内1ヵ月に11日以上働いた月が12ヵ月以上あれば育児休業中に雇用保険から月給の67%(181日目以降は50%)育児休業給付金がもらえます。
    ただし育児休業を取らない人、妊娠中に会社を退職する人、産休後に会社を退職する予定のある人などは対象外です。手続きは、妊娠中に会社から必要書類をもらっておき、出産後に会社に提出します。

  • ■ その他

    ▶ 健康保険によっては出産育児一時金に”付加金”が加算される場合があります。
    ▶ 会社独自のお祝いがある場合もあるのでチェック

Step3 出生届を提出する

  • ■ 出産したら、病院で出生届を記入してもらう
  • ■ 出生届を記入する
  • ■ 役所に提出する
[必要なもの]
  • □ 出生届
  • □ 届出人の印鑑
  • □ 母子健康手帳
  • □ 国民健康保険証