幸せ応援地域プロジェクト

【結婚式実例in山口県】
延期をした今日が1年後のスタートラインです

写真:【結婚式実例in山口県】延期をした今日が1年後のスタートラインです

1年後に延期した結婚式のための大切なセレモニー

2020年11月22日。本来ならこの日は40人のゲストを招いて結婚式を行う予定だった。悩んだ末、ふたりは1年後の11月に延期することを決めた。しかし、一度結婚式をしようとした11月22日もふたりにとっては大切な記念日。だからこの日を来年の結婚式に向けたスタートの一日にしようと決めた。
まず秋吉台や自宅近くでフォトツアー。「『食卓を囲む』ということは時間と会話を共有する大切なひとときだから」と、その何げない日常を大切にすることを夫婦の目標に掲げ、撮影をした。
そして自宅である社宅へ。新婦純香さんの家族を招き、千葉に住む知央さんの父母はリモートで参列。自宅でのセレモニーがスタートした。それぞれの家族からお祝いの言葉をもらい、ふたりは感謝の言葉を伝える。そして1年後の結婚式で披露するための手紙を書き、パーティで振る舞うための漬物を漬けた。そして「これからの1年間を記録して」と互いの父母にインスタントカメラを手渡した。この一連のセレモニーは動画に記録され、2021年11月に向けてゲストに配信。ふたりは夫婦としての気持ちを一層強くし、1年後の結婚式への思いを強めた一日になった。

Bride & Groom Profile

写真:プロフィール

山口県周南市在住
在田知央さん(29歳)
純香さん(27歳)

知央さんは千葉県出身、純香さんは山口県出身。知央さんが仕事で山口に転勤になり知り合い、交際。

会場 周南市自宅
挙式日 2020年11月22日
プロデュース Knot total wedding produce(山口県)
※ゼクシィ岡山・広島・山口・鳥取・島根版2021年6月号より転載
写真:1年後の結婚式に向け、互いに宛てた手紙をしたためた

1年後の結婚式に向け、互いに宛てた手紙をしたためた

写真:ふたりの結婚生活のスローガン「食卓を囲む」を掲げ、社宅近くで記念撮影。純香さんの家族も一緒に

ふたりの結婚生活のスローガン「食卓を囲む」を掲げ、社宅近くで記念撮影。純香さんの家族も一緒に

写真:一緒に成長していきたい、とオリーブの苗木を植樹するセレモニー

一緒に成長していきたい、とオリーブの苗木を植樹するセレモニー

写真:「彼が結婚のあいさつに家に来た日、無口な父が泣いたとき、大切に育てられたんだと思えました」と父母へ感謝の手紙を読む純香さん。涙が止まらなかった

「彼が結婚のあいさつに家に来た日、無口な父が泣いたとき、大切に育てられたんだと思えました」と父母へ感謝の手紙を読む純香さん。涙が止まらなかった

写真:自宅のカレンダーの11月22日は「挙式」と記してあった

自宅のカレンダーの11月22日は「挙式」と記してあった

写真:自宅でのセレモニー。知央さんの父母はリモートで参列

自宅でのセレモニー。知央さんの父母はリモートで参列

写真:山口県周南市の公園で撮影。この展望台から工場が続く町並みや知央さんの職場が見渡せる

山口県周南市の公園で撮影。この展望台から工場が続く町並みや知央さんの職場が見渡せる

写真:晩秋の秋吉台もロケーションに最適。全員で歩いて移動

晩秋の秋吉台もロケーションに最適。全員で歩いて移動

写真:白いニットがこの日のドレスコード。全員で記念撮影

白いニットがこの日のドレスコード。全員で記念撮影

写真:父母からの温かい言葉を受けて、胸がいっぱいになるふたり

父母からの温かい言葉を受けて、胸がいっぱいになるふたり

写真:秋吉台での撮影風景を、遠くの展望台から純香さんの父母が見守っていた

秋吉台での撮影風景を、遠くの展望台から純香さんの父母が見守っていた

写真:きゅうり、なす、かぶなどを1年後の結婚式でゲストに振る舞うための漬物を仕込むふたり

きゅうり、なす、かぶなどを1年後の結婚式でゲストに振る舞うための漬物を仕込むふたり