結婚はどうする?

手続き・届出・もらえるお金

氏名・住所変更をする

氏名・住所変更をする

Case1 マイナンバーカード

役所にマイナンバーカードを持参して、カードの裏面に変更内容を追記してもらいます。代理人に委任することもできるので、詳細は各自治体へ問合せを。
継続利用する場合は、転出予定日から30日以内、かつ転入日から14日以内に転入手続きをしていること、転入手続き日から90日以内に継続利用手続きをする必要があります。

[必要なもの]
  • □ マイナンバーカード
  • □ 交付時に設定した数字4ケタの暗証番号

Case2 運転免許証

住所・氏名変更は、住所地を管轄する運転免許センターや警察署の運転免許課に行って手続きを行う。運転免許証は本人確認書類になるので早めに手続きを。
▶ 変更手続きを怠ると「運転免許更新のお知らせ」のはがきが届かず、期限切れになる場合もあるので要注意。

[必要なもの]
  • 氏名・本籍の変更
  • □ 運転免許証
  • □ 本籍記載の住民票(マイナンバーの記載がないもの)
  • 住所の変更
  • □ 運転免許証
  • □ 新しい住所が確認できる書類(住民票、健康保険証など)

Case3 パスポート

有効中のパスポートをお持ちで、氏名や本籍などに変更があった場合は、パスポートの記載事項を訂正するために「切替申請」または「記載事項変更申請」のどちらかで申請を。ただし、新婚旅行などで海外に行く場合に大切なことは「パスポートの名前」と「航空券の名前(旅行お申し込みの名前)」が一致していること。航空券の予約を新性・旧姓のどちらでしたかによって手続きのタイミングが異なります。

▶ 申請と受け取りで2回窓口に行くことが必要で、発行までも時間がかかるので余裕を持って申請しましょう。

▶ 住所のみ変更の場合は申請不要。自身でパスポートの最終ページにある「所持人記入欄」の前住所を二重線で訂正して、新住所を記入。

A

新姓で航空券を予約

旅行前に、住民票のあるパスポートセンターにて新性でパスポートの発給・変更をする。

[必要なもの]
  • □ 有効中のパスポート
  • □ 戸籍謄本または抄本(申請時は婚姻届受理証明書でもOK)
  • □ 最新の住民票(必要な人のみ)
  • □ 手数料6000円~ 
  • □ 顔写真(45mm×35mm)
B

旧姓で航空券を予約

旧姓のパスポートで旅行し、帰国後に新姓のパスポートの発給・変更をする。

Case4 その他・住所や氏名変更の手続きが必要なもの

  • □ 銀行口座
  • □ クレジットカード
  • □ 生命保険
  • □ 電気
  • □ ガス
  • □ 水道
  • □ 郵便物
  • □ インターネット
  • □ 固定電話
  • □ 携帯電話
  • □ ケーブルテレビ
  • □ 新聞