悩み別エピソード- 結婚式を挙げるか悩んでいた先輩花嫁が
式当日を迎えるまで -

子どもがいるから、
今更結婚式するのも…

家族みんなの記憶に残る
子どもがいるからできる結婚式を

スタイル 人前式+披露宴
(友人中心に65名)
準備期間 5カ月
費用 235万円
(自己負担金40万円)

新郎
秋山朋哉さん(25歳)
新婦
秋山奈津子さん(29歳)

馴れ初め

社員食堂で偶然隣に座った時に旦那さんがひと目惚れ。そこから交際スタートし、家族ぐるみのお付き合いが続きゴールイン

  • 悩んでいた理由
    子どもがいて、結婚が決まった際に
    お祝いももらっていて、今更…

    既に子どもがふたりいて、周囲からお祝いもいただいていたので結婚式をするつもりはありませんでした。結婚式はお金もかかるし、子どものために使いたかったので「やろう」という話が出た時も悩みました。

  • 実施した理由
    子どもを産んだからこそ
    両親に感謝を伝えたかった

    きっかけは、共通の友人の結婚式。友人のご両親が喜んでいる姿を見て、考えるようになりました。実際、自分で子どもを授かったからこそ、両親の気持ちが分かるようになり、一生に一度のことだし感謝を伝えたいと思いました。

POINTお子さんがいるふたりへ

  1. 1
    お子さんがいるから出来る!
    家族の門出を祝う結婚式

    お子さんがいるから、結婚式を諦めていたご夫婦でも実施される方が増えています。秋山さんのように、お子さんがリングボーイをしたり、一緒に家族全員で入場したりする演出が人気。家族みんなで、幸せを誓う結婚式を!

  2. 2
    流行のDIYでお金を節約!
    ハンドメイドで家族らしさを演出

    秋山さんも、ペーパーアイテムやウェルカムボードなどを手作りすることで節約されています。お金面だけでなく、ハンドメイドのアイテムは家族らしい温かさを演出。お子さんと一緒に創作するのもひとつの思い出になるでしょう!

やって良かった

  • 子どもたちの記憶に残り続ける
    一生忘れられない家族の門出

    両親が喜んでくれたのはもちろんですが、息子たちが今でも「結婚式楽しかった」と覚えていてくれるのが嬉しいです。子どもを授かって、式を諦めていた後輩たちからも「子どもと一緒に結婚式を挙げるのも素敵」と言われました。家族の絆をゲストにも感じてもらえて、本当に良かったです。

スタイル別 結婚準備の進め方−これならやりたい!
様々な結婚式のカタチ−